bastante >

março 2006

英訳

|

あるクライアントの日本語原稿を外注で英訳しようとしたときの話。
都合で、こちらのクライアントの名前は出せず、原稿のみを送るしかない状態で仕事をしてもらった。

その後、担当者と打ち合わせをして、

クライアントを開示できない場合、
・どんなユーザーがその情報を見るか?
・参考となる何かしらの資料
があった方がより正確になる。

うーん、そりゃそうだ。
どんな仕事でもそうだ。
一般論として、そうだ。

でも、知らずと「ただ、この原稿を訳してくれればいい」っていう頭になっていたわけで、これって嫌なクライアントが「言ったとおり作ってくれりゃいいんだよ」と言っているのと変わらない。

気をつけていないと知らないうちにこうなってしまうんだね。

サイトのデザインを充分に検討する時間がない、という声をよく聞いて、特に企画・設計(その準備のための調査)に重点を置くプロジェクトの場合多いようだ。
そのプロジェクトのミッションにもよるが(デザイン<ストラクチャー整理だったり、ワークフロー整備だったりする)得てして、デザイナーにはそれが伝わらないことが多い。
ここでPM・IAとデザイナーの意識乖離が起きるわけだが、それをカバーするのはディレクターよりもむしろアートディレクターなのではないだろうか。

ひさしぶり

|

ども。おひさしぶりです。
MTの管理画面を探すのに半年掛かりました。

もう去年の5月になるの?最後に投稿したのは。
早いもので、それから色々ありました。
最近も色々ありました。

そんなこんなで、また書き始めます。

abril 2012

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

アーカイブ

アイテム