bastante >

outubro 2006

ドキュメント72時間

|

NHKの「 ドキュメント72hours 」。毎週火曜の23:00~23:29。すげー面白いのでオススメ。

「ドキュメント72時間」は、全く新しいタイプのドキュメンタリーです。同じ場所や同じ人々を3日間・72時間 撮り続け、30分に凝縮させる。ドキュメンタリーにありがちなお説教や予定調和の構成は一切ありません。 「リアリティ」に徹底的にこだわって、撮影開始から72時間のあいだにカメラの前で起きたことを、ありのままに 伝えます。

 気にもとめていなかった社会の片隅の出来事。ニュースからはこぼれ落ちてしまうささやかな喜びや悲しみ・・・
そうした日常の断面の3日間を見つめているうちに、自分には関係ないと思っていた社会の営みが、自分ととても
近しく、一瞬一瞬を大切にしていることが見えてくる・・・そんな番組を目指します。

 人と人とのつながりがどんどん希薄になっている今、少しだけ立ち止まって、自分以外の日常のドラマに
目を向けてみませんか。

偉業を成し遂げた人でも、エライ人でもなくて、何でもない普通の日常と人々を切り取っただけのドキュメンタリー。だから面白い。
そして主題歌を歌うのは松崎ナオ!NHK、やるねぇ。

アフィリエイトの神様が教える儲けの鉄則50
アフィリエイトの神様が教える儲けの鉄則50
こういう本ってどうなんですかね? 本業としてWEB制作をやっている側の人間からするとなんとなく如何わしいというか、「ヘッ、そんなこと言ってらぁ」とバカにするような気持ちがなくもないのだろうけど、実際に3000万円も売り上げを上げたのであればそこから学ぶことは大いにありそうだし、一概にバカにできないと思います。

昔何かで見たのだけれど、かっちょいい通販サイトと、(いわゆる)楽天の商店のようなデザイン、売り上げを比べてみたら圧倒的に楽天の方だった、ということもあるそうです。
しっかりとしたサイトを作ろうとする意識はもちろん大事だけど、それが本当にユーザーが求めているものなのか、デザイナーやディレクターの勝手な思い込みではないか、ということは常に気にしておきたいものです。

WEBサイトを使うユーザーはほとんどが素人。大抵はモールスキンより大学ノートの安さが注意を引く、ということを忘れちゃいけないですね。

Web director2.0

|

最近(と言ってもここ数年)の仕事で大きく変わったのは、直接付き合うクライアントが企業の宣伝部や広報部、マーケティンググループで、ただ単に「WEBサイト作れます」な姿勢だとすぐに追いつけなくなります。
まして自分の職能がディレクター。クライアントと一緒に、「WEBサイトを使ってどういうコミュニケーションをユーザーと取ればいいか?」を考える人間にとって、ある程度のマーケティング知識やスキルはもはや必須と言っていいと思います。
結構前に、 「進歩し続けるWebデザイナーの考え方―Web designer 2.0」 という本を紹介、買って読みましたが、Web director2.0という考え方で臨まないと仕事が出来なくなる段階に、すでになっているのかもしれないですね。

BADEN POWELL

|

最近バーデン・パウエルを聴き返していまして、やっぱいいなぁ、と。
ボサノヴァが好きな人も、ギターが好きな人も、いや音楽が好きな人なら全員にオススメできる名盤の数々です。

アフロ・サンバアフロ・サンバ
バーデン・パウエルはジョアン・ジルベルトとは対極のスタイルだと思うんですが、そういう観点で聴いてみても面白いかもしれません。
で、個人的にはゆったり・しっとりとしたボサノヴァよりもサンバの方が断然好きで、気持ちいいんですよね。一旦ハマると抜け出せなくなるんじゃないかと思います。そんな感覚を堪能できる1枚です。
ボサノヴァにはいわゆる「癒し系」のイメージがありますが、それとはちょっと違います。自分にとってはある意味こっちの方が癒しなんですがw


イメージズ・オン・ギターイメージズ・オン・ギター
ヨーロッパに渡って録音されたMPSの最高傑作とか。
自分はギターが弾けないので正確にはわからないのですが、ところどころに現れる遊びというか、この人独特の色が出ている1枚だと思います。何回聴いても飽きないし、ブラジルへの「サウダージ」がすごく感じられます。

モンド・ミュージカル(1)モンド・ミュージカル(1)
バラエティに溢れる1枚。レビューにもあるとおり名演奏が多く、魅力的な内容になっています。
フランス録音だったかな?レベルが高い名盤です。

モンド・ミュージカル(2)モンド・ミュージカル(2)
「G線上のアリア」なんかも収録されていたりして、1よりヨーロッパ色が強めの1枚かもしれません。
ただ、「イエマンジャ」のような強烈なノリ。最高です。
ちなみにジャケットが渋すぎ。家に飾っておきたい1枚です。

消臭! スメルキラー

|

会社のキッチンの臭いが結構ヘビーで、これを導入。
ジロンカ スメルキラー
ジロンカ スメルキラー

あれま!不思議!効果抜群で、タバコの臭いなのか何なのか、会社の人の車に搭載したらこれまた消臭!
油汚れで染み付いてしまった手の臭いが、石鹸だけでは取れなかったのにこれ使ったら取れたとのレビューも。これから年末に向かっていって大掃除のとき、換気扇のダクト掃除とかに使えそうです。
さらに、玉ねぎなどを切った後の手のにおいも消えるとのこと!マジで!?

ちなみに流行りの「弱酸性」、石鹸ってアルカリ性で、実は洗剤で洗っているんですよね。子供に弱酸性の商品は使えないなー、と思いました。

2006年秋、実家。

|

奥さんが双子の出産のためかれこれ1ヶ月以上入院しておりますので、歩いて5分の実家に帰ってきております。


  • 数年振りに家で寝泊りをするようになって、妙に家族が嬉しそう。照れくさいのでわざと素っ気無いふりをして夜中に反省。

  • Bフレッツは何か専用ツールを入れないとLANを直結してもADSLで繋がらないようで、極端にネットにつなげる回数が減る。土日はほぼゼロ。

  • 風呂に身体を洗わずに「ワショーイ」と入る毎日。

  • 何だかバツが悪くて「ブックオフに行ってくる」と言い残しパチンコ屋へ行く。挙句の果てに負ける。

  • 朝方まで起きていて、母ちゃんが部屋のドアを開けた瞬間なぜか寝たふりをしてしまう。

  • 窓から見える景色が住んでいたときと変わっていて、ちょっと寂しくなる。

  • 弟のマンガだらけ。カイジを読んで徹夜。

  • 高校生の頃は部屋で窓も開けずにタバコを吸っていたのだけれど、今はなぜか煙たく感じてそれができない。

  • 母ちゃんの作ってくれる料理は相変わらず「スパゲッティだけ」「麻婆豆腐だけ」という感じで大雑把。それがたまらなく心地よい。

  • ところで自宅の窓を閉めていたのか、物凄く不安。


そんな毎日であります。

いやー驚きました。何かやるだろうと思っていたんですが、やっぱりやってくれました。
「通話料・メール代0円!」って、制約があるにせよ結構インパクト大きいんじゃないかなー。しかもDoCoMoとauに向けてはそのままのプランを約束して210円引きでしょ、2社の動きが気になります。

ただ、SBユーザー間でしか無料が適用にならないのと、21時~0時は月間200時間まで有効、2年間の契約が義務付けられるプランなどの組み合わせ契約になっているのに、ちょっと二の足を踏んでしまいます。
他社の動向がまだ完全に見えていないだけに、もう少し様子見が吉かもしれません。


あとは他社への電話でも無料適用とパケット定額はもうちょっと安くなってもいいんじゃないかなー。高望みしすぎ?

歴史学者

|

小さい頃から歴史が大好きで、教科書はもらって数日で一通り読み、資料集が面白くて相関関係なんかをさらに図書館に行って調べる、ということを繰り返していました。
やっぱり日本史が一番好きで、世界史はそれに比べるとそれほど好きではなかったように思いますが、地理、倫理、政治経済、「社会」と名のつくものは全部好きでした。

当然、親兄弟親戚一同はじめ、学校の先生も自分さえも大学は史学科に行くのだろうと思っていたのですが、高校2年のときになぜか美大志望に切り替え・・・。
学校の先生からは「何で史学科に行かないの?なぜ美大!?」と最後まで反対され(高校は日大系列の進学校で、基本的にはみんな日大に進むものでした)親からは「だったら都立でよかったじゃーん」ともっともなことを言われました。

今も歴史が大好きだし、読む本は歴史小説&時代物ばかり、時にはぶっとい参考書を買ったりもします。もし美大に行ってなかったら・・・と思うと、今の生活は全く違うものになっていたのかもしれません。食えない研究、毎日調べものばかりして、資料に埋もれた狭い部屋で一人暮らしているんだと思います。

こういう想像上の自分と、現実の生活と比べるとそりゃあ今の方がいいに決まっています。ただ、こういう人生もいいだろうなあ、と経験していないゆえに勝手に思ったりもするのです。

日本史の一級史料

日本史の一級史料

まだ読んでいないのですが、ふと見かけたのでこんなことを思いました。

タイトルのまま。
Firefoxで開いているページをIEでも開く、というスグレモノ。
»ieview (mozdev.org)

何が便利なのか分からない方のために説明すると、WEB開発の現場ではブラウザ毎に表示のされ方が違ったりするCSSの検証のために、FFとIEを行ったり来たりするのですが、今まではアドレスバーのURLをコピーしたりしてた訳です(オレは)。

そんなとき、発見しました、このツール。すっげー便利、超便利!!
しかも日本語対応。右クリックから「このページをIEで開く」で即オープン。また、microsoftのようなIEで見ないと崩れちゃうサイトは「このページは常にIEで開く」という配慮ぶり。

上記ページをFirefoxで開き、Instllation > Install IE View v1.3.1をクリックするだけです。

Firefox mixi用拡張機能

|

Firefoxにmixiのツールバーを拡張。
»http://mixitools.hp.infoseek.co.jp/toolbar/mixitoolbar.html

主な機能はというと・・・


  • 新着コメント・新着メッセージの通知

  • 自分のIDの表示

  • 電光掲示板風に横スクロールする、新着記事のヘッドライン表示

  • ワンクリックでマイミクのページを表示できるマイミクリスト

  • コミュニティ検索フォーム

  • 主要機能のページへのリンクボタン

なんでも最近はメールでのやり取りよりも、mixi上でのやり取りの方がコミュニケーションが早いそうで・・・
こんなのあるんだー、mixiヘビーユーザーには便利なのかしら、と感心。

数年前、えらくお世話になったnapster、あの頃はWinMXもWinnyも無くて、海外の曲ばっかりだったけど 不法DL 楽しんだものです。

で、アメリカ本国のタワーレコードは潰れたけど日本は順調に一人勝ちのようで、ナップスターと組んで楽曲DLをいよいよ本格的に始めました。
と言ってもサイトにはまだ詳細はそれほど載っていないんですが、やっぱりi-podには落とせないとのこと。(そりゃそうか)

でも、iTMSって曲全然少なくないですか?日本のロックは全滅だと思う。アメリカはiTMSが強くて、napsterは苦戦しているのかも、ですが、日本のロックやインディーズをダウンロードで聴きたい、というニーズは強くあるはずで、これから加速していくと思う。タワレコは近くになくて行けないけど、ロッキンオンは毎月読んでいるような人だとか、Lismoとかケータイ向けの楽曲DLサービスに慣れている人には全く違和感がなく、むしろ喜んで使うんじゃないかな。

ということで、日本のタワーレコードと組んでいるナップスターに大いに期待したいところです。まだまだ対応プレーヤーが少ないのと、サービスがこれからなので、どんどん拡張していくことを願います。

今なら無料で1週間試せるとのこと。この機会に是非どうぞ。
» Napsterの音楽ダウンロード。定額制150万曲聴き放題!

すいません、いきなり見つけたもので。

プレイモービル スペシャル 小児科の先生と赤ちゃん

・・・!!!

amazon インスタントストア

|

なかなか時間が取れなくて試せていなかったのだけれど、amazonのインスタントストアを試しに作ってみた。
Recommend -bastante

・・・結構便利かも。
自分のオススメ商品を9個選べて、コメントも書ける。もちろん、後で入れ替えも可能。
サイドバーには自分の好みでカテゴリを選べ、余計な商品を出さないようにフィルタリングも可能。

自分でカスタマイズした商品が出てくるから、このページを見ればamazonでいちいち検索しなくても、トピック的に新商品とか出てくるよね。ほぼ自分用に使う予感・・・。

以下、要望。


  • おすすめ商品のページ、もっと作れるようにして欲しい。9件じゃ複数のカテゴリが消化できない。

  • 頼むからデザインをもう少しカスタマイズできるようにしてほしい。

  • ベータだから仕方ないけど、詳細ページに行ってレイアウトがぶっ壊れるのは勘弁してほしい。

雨の記憶

|

先日、確か6日金曜日に大雨と強風が吹荒れた日のこと。

朝から強かった風が夕方になってもっと強くなって、こんな日に何で半袖??小学生???と後悔しながら傘を吹き飛ばされ、奥さんのお見舞いに行った帰りに一人近所の蕎麦屋。
蕎麦とセットで牛丼を食べたら100円引きで520円。なんてお得なんだと嬉しくなって雨の中を帰ると家の前のマンホールが「どぼどぼ」と音を立てながら雨を吸い込んでいる。
マンホールの下の水はどこに流れていくんだろう、そういえば東京の地下には雨水を物凄く、それは物凄く溜めておける地下施設みたいなのがあって、テレビで見たときまるでいつかのゲームの世界観みたいだと思ったのを思い出して、ところで中学生の頃台風で実家の周りが水浸しになって喜んでいたな、水上サッカーだ、とりあえず泳いでおくか、しかしこれじゃ子供用プールだ、じゃあ川にでも飛び込むか。
飛び込んでみたら恐ろしいくらいドブ臭くて、川岸の遊歩道から見るよりも何倍も川は広くて、臭いのと広いのである種パニックになって、友達がこれに掴まって上がれと垂らしてくれた洗濯機のホースか何かに掴まったら途中で切れた。
それを同じ学校の女子に目撃されてて、翌日アンタ川に飛び込んでなかった?なんて好奇心丸出しの目で言われたのを思い出した。

そんなよく言えば無邪気な奴がもうすぐ父親。そのとき一緒に飛び込んだ友達は11月に結婚式を挙げる。おめでとう。今度は俺らの子供が同じことをするよ、きっと。楽しみだね。

墨田まつり(両国~錦糸町)

|

墨田まつり今年の神輿もあとわずか。
今日は墨田まつりというイベントに 便乗 関連して担いできました。
わずか1kmくらいの距離を2時間掛けて担ぐので、当然神輿は進まない。なので右に左にブレまくり。かーなりグダグダだったんですが、担ぎたいときに担げて自由に入ることができました。

前を行く盆踊りの おばちゃん お姉さん達の後ろを、全く揉めることなく特別盛り上がることもなく江戸東京博物館の前から北斎通りを直進、錦糸町の手前まで。

墨田まつり今日の神輿は緑色。珍しいー。結構大きかったんだけど、全員神輿会ということもあってかそんなに重くはなかったです。
ただ如何せん時間が短かったので、オイラの左肩の神輿ダコもそれほど育たず、快晴の中行楽してきたような気分でした。チャンチャン。

寺田寅彦随筆集

|

物理学者であり随筆家、俳人。吉村冬彦の筆名もある著者の随筆は、科学者ゆえの観察眼から物事を深く考察し、描写する。
理系と文系の融合を図り、その文章からは著者の人柄が推し量れます。おすすめ。

寺田寅彦随筆集 (第1巻) 寺田寅彦随筆集 (第1巻)


寺田寅彦随筆集 (第2巻) 寺田寅彦随筆集 (第2巻)

寺田寅彦随筆集 (第3巻) 寺田寅彦随筆集 (第3巻)

寺田寅彦随筆集 (第4巻) 寺田寅彦随筆集 (第4巻)

寺田寅彦随筆集 (第5巻) 寺田寅彦随筆集 (第5巻)

AdSense、Analytics、Sitemap

|

会社のお客さんには使う人はいないかもしれない(いや、もしかしたら出てくるかもしれない)んだけど、自分が分かっていないと積極的な話も提案も出来ない訳で、AdSense、Analytics、Sitemapの各種Googleサービスを組み込んでます。

ここで儲けよう、商売しようとは全然思わないのだけれど、やり出したら熱中したのか気付けば朝の5時。
明日も仕事なんだけどなぁ。結局これだけ色々調べて、色々試してみてしまうのはWEBが好きってことなのかなぁ。

しかしログ解析も何でもそうなんだけど、これからのWEB管理は「リアルタイム性」がある種キーワードになると思う。Googleのこれらのサービス、やっぱり恐るべしです。

abril 2012

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

アーカイブ

アイテム