bastante > works >

WEBデザイナー

|

ウチの会社もそう、前の会社もそう、友達の話を聞いてもそうなんだけど、WEB
のデザイナーって消耗型のケースが圧倒的に多くないだろうか?

そもそもデザインって何?デザイナーって何する人?というところに立ち返ってみると、形や図案や色彩を整えたりといった表層だけのものでは決してなく、designという英語が本来表す設計・計画・意図することに本質があるはずだ。

それがディレクターはじめデザインのプロでない人、デザインに関してはデザイナーにやってもらうしかない立場の人間が分かっていないほかに、デザイナー自身が分かっていないケースも多いと思う。

それゆえ、本来果たすべき役割の領域が要求されなかったりしなかったりで、表層だけの仕事しか与えられず、受け手の立場に終始してしまう。
そうすると自然、ディレクターなりIAが設計したサイト構造、企画やコンテンツの構成に則ってインターフェースのデザインを担当するのみ、ということがほとんどになってしまうだろう。ここで、いわゆる上流と下流の分断が起こる。

このことがもたらす大きな問題は、この場合のサイト制作の流れが上流から下流に流れていくのに対して、エンドユーザーがサイトを見るときに接するのは下流で創られるデザインでありインターフェースであるということだ。
上流と下流が分断され、受けているだけのデザインではエンドユーザーにとって本当にいいものは生まれるはずがない。

このような問題を解決するためには、デザイナーの領域を本質である上流にも関わるようにすることなのだが、それだけの技量を持ったデザイナーはまだ少ない。

ここで求められるデザイナースキルとしては、
・自分のデザインに対しての意図や思想、目的を明確に語れる
・自分が担当するプロジェクトの目的をしっかりと認識できる
・クライアント自身や業務の理解に積極的に取り組める
・クライアントも含め、プロジェクトに関わるあらゆる人間とコミュニケーションが取れる
というものが挙げられる。

アートディレクターと呼ばれる人たちは当然このようなスキルを持っているが、デザイナーという立場でもこれらのことは意識しておくべきである。
案件の規模が小さかったりアサインの問題でADをしっかりと立てられないような場合でも、一人のデザイナーが意識を持っていることで完成形のレベルは格段に違ってくる。

また、自分はデザイン(しかも表層的な)だけしていればいい、それは他の人がやればいい、と思っているデザイナーは今後通用しなくなるか、そういう立場のスタッフとしてしか仕事ができなくなると思う。
そうならないために、「デザイン」に対する意識と、プロジェクトの体制や案件の進め方を整えることが重要だろう。

ちなみに意識よりも大きな問題として、現在大勢を占めている仕事のやり方、つまり次から次へと担当する仕事が飛び込んできて、一つ一つに割ける時間が限られてしまう、という状況がある。
「そうは言っても仕方が無い」と疑問を感じつつも日々の業務に流されてしまう、という状況ではモチベーションが上がるはずもなく、「これは本当はオレの仕事じゃないのに」というネガティブな意識が生まれて悪循環に陥っていく。

ワークフローにも問題がありそうで、例えばPSDを全ページ分作ったり、テキストを全部正確に入れたり、それらの作業が完全に終わった後でなければコーディングに入らない、というやり方が多いと思う。
PSD上でレイアウトを固めれば確かにデザイナーの納得度は高いかもしれない。
しかし、その作業・状態がどれだけその後の工程にとって効率的か、柔軟かということを考えると個人的には非常に疑問がある。
数年前とは大きく違う制作環境で、もっと違うやり方があると思うのだけれど、これはまた別の機会に。

同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bastante.354.jp/mt-tb.cgi/138

コメント(2)

なんかすんません(笑)

謝まられたw
フリーでやっているデザイナーは当てはまらないんじゃない?会社という組織でやっているとどうしても甘えというか、意識の低さが目立ったり、仕事の体制の問題でそんな意識が持てなかったりしてしまうんだよね・・・。

abril 2012

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

アーカイブ

アイテム

  • 三社祭:2日目(駒形町会)
  • 三社祭:1日目(駒形町会)
  • 神田祭:3日目(鎌倉町会)
  • 神田祭:2日目(鎌倉町会)
  • さくら
  • iPodをプレゼント
  • ランチ経済学
  • QUA 'AINA