bastante >

dezembro 2007

|

週末、子供がタロウイルスというのに感染してずっとぐったりしてた。
全然起き上がってこないし、泣きもしないで目を開けてぼーっとしているだけ。

普段あれだけ怪獣みたいに歩き回って、本棚をひっくり返して、いいところでテレビの電源を消して、ケンカして、ぐずって甘えて騒いでいるのに。

いたたまれなくて、かわいそうで仕方なかった。
夜に病院に連れて行ったら殊の外待たされて、思わずイラっとした。親なんだなあ、と思った。

そんな子供たち2人が、お腹が痛いのも我慢して、気持ち悪いのも我慢して、吐くのも一生懸命我慢している姿を見たら、思わず涙が出た。

今はすぐとなりで、「カタカタうるさいなぁ」と思いながらスースーいって寝ているんだろうな。ごめんな。

現役引退危機

|

悟るのがものすごく遅いかもしれませんが、近頃真剣に、

「あ、もうおれは自分で作業する時間が無いんだ」

と思っています。

忘年会

|

昨日、会社の忘年会がありました。

毎年同じことを言っているけど、ものすごく人が増えていて、今年は50人くらいいたんじゃないか?
nabiという神宮前(原宿から代々木寄り)にある韓国料理のお店を貸し切ってやりました。

このくらいの人数になると、前の会社だと「魚や一丁」とかw、チーム単位でやっていたと思うんだけど、付き合いのあるパートナーさんが言っていた、ウチの「派手さ」という言葉がしっくりきた。

ゴメン、愚痴

|

すみません、どうも今日気に入らないことがあって、愚痴のはけ口に使わせてもらいます。

ベビー麦茶

|

喉が渇いたので、子供の「ベビー麦茶」を拝借したら結構旨かった。

カミさんが子供がいたずらして破った絵本をセロテープで貼り直していて、その姿が妙に愛おしく見えた。

どうしても仕事が忙しくて、帰れないときに本当に大変な子供の世話を一手に引き受けて、しっかりと育児をしてくれている姿を見ると、まったく敬服するほかはないし、それに比べればおれが四苦八苦しているこの仕事なんて、とても文句が言えるものではない。

育児を通して見えたこと。
それは彼女の本当の強さと、愛情の深さと、家族という絆。
その姿が、今日もおれを後押ししてくれる。本当にありがとう。

abril 2012

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

アーカイブ

アイテム