bastante > music >

Antinomy

|

Antinomy

Antinomy
BRAHMAN、3年半ぶりの待望の新作。
言い方は悪いけどただ騒いでいるパンクとは違って、感性とか精神を殴りつけるその世界にシンクロしてしまうともう抜け出せなくなる。唯一無二の存在感。
動と静の対峙、陰と陽。ミドルナンバーの揺蕩う感じは光が煌めく波に浮かぶ感覚。その身を任せて漂えば行き着く先は混沌か静寂か。

ちなみにBRAHMANの中でも最高傑作は間違いなくこの1枚。
もう7年前のアルバムだけど、未だ輝きを失うことなく心を揺さぶり続ける最高の作品。

A FORLORN HOPE

A FORLORN HOPE
どうやって出会ったのかはもう忘れてしまったけど、それからずっと忘れたことのないこのアルバム。
今聴いても全く古さを感じさせないし、逆にこれ以上の作品に出会う機会自体、ものすごく少ない。

同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bastante.354.jp/mt-tb.cgi/173

abril 2012

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

アーカイブ

アイテム

  • 三社祭:2日目(駒形町会)
  • 三社祭:1日目(駒形町会)
  • 神田祭:3日目(鎌倉町会)
  • 神田祭:2日目(鎌倉町会)
  • さくら
  • iPodをプレゼント
  • ランチ経済学
  • QUA 'AINA