bastante > works >

熱すぎるのかな

|

自分は携帯より先にPCを使い始めた谷間の世代で、常にノートPCを持ち歩いて、寝ているとき以外はPCが30cm以内にある生活なので、全く携帯コンテンツというものを利用したことがありません。

ただ、企業のWEBサイトを制作して、WEB施策というより広い観点で物事を考えることが求められる立場にいるので、自然モバイルのことを勉強しなくてはいけなく、ひたすら考察しています。
モバイルもPCも、企業活動における一つのツールであってチャネルでしか無いと思っているんですが、今必要だと痛感しているのはそういったマーケティング観点であります。

で、その観点は一昔前はプロデューサー的立場の人が考えれば済んでいたのですが、今は担当者と直接接して、WEBサイトを預かっているディレクターが考えなければいけなくなってきていると思います。

さらに言うと、進行管理は当然としてコーダーでもデザイナーでも、今自分が作っているものは何のためのものなのか、という視点は絶対に必要で、「おれ関係ねー」ということは作り手にとってありえないことだとも考えています。(特にウチの会社のように、サイトの設計に時間を掛け、リリース後もクライアントと継続して一緒に運用をしていくやり方をしている場合は)

ということでモバイルの資料(ここには出せないけど)をまとめて、社内に共有してみたんですが、どうも反応が悪い。モバイルという限定された領域としてのとらえ方しかできていないのか、遠慮しているのかおれの投げかけ方が悪いのか・・・

今日もこんなメールを書いてみました。

「コンテンツとか、モバイルサイト作るにはどうしたらいい?」 といった話をすることが趣旨ではなく、 「クライアントのビジネス視点で考えたとき、モバイルというチャネルをどう活用するべきか」 という話をお客さんにできるようになるレベルまで持っていくことが目的となります。

そのためには動向について知らないといけないし、利用実態も把握した上で、技術的に解決するべきことを調査し、他社の事例から学んで、携帯ならではの設計や改善提案ができるようにならないといけないんです。

現在の自社にはこの話が完璧にできる人はいないという認識で、それは今の世間一般の情勢を考えるとまずいんじゃない?というのが問題提起になっています。

# うちのクライアントはモバイル求めていないから・・・
# というのが、明確な戦略があってそうしているのであればいいんだけど、
# WEBを担当している我々が、話ができないからという理由であれば責任重大だと思うんです。
# これ、おれ自身の反省で問題意識。


今回はモバイル+マーケティングですが、(今マーケティングを考えるとモバイルは絶対付いてくるので)他のトピックでもこういう動きが出てくると、ものすごくレベルの高い会社になると思います。

実際に、コーディング/オーサリングはものすごく成長したでしょ?
PM/Directorも、負けてられないしクライアントにとってもっと大事なことだと思うので、ぜひ意欲をもって参加してほしいと思います。


今の自分に直接関係ないや、そんなことやる時間ないや、と思うのは自然なんだけど、それだといつまでたっても同じレベルのままだと思う。

自分の可能性を広げるためには、絶対に自分から動くしかないと、オイラはこれまでの経験からそう思っています。

これでも何の反応も無いようだったら、ちょっと先行き不安になってしまうかも。10人もディレクター/PMがいて、一人もリアクション返せないようだったら、指導する立場の人間が悪いか、問題意識が希薄すぎるのか・・・。

もし転職するとしたら、次は企業側のディレクターというか、WEB担当者になると思うんだけど、その方がこれまでの経験を存分に活かせて、自分にとって得るものが大きいのかな、とも思ったりするんだけど、それはまだ言わないことにしておこうと思う。

同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bastante.354.jp/mt-tb.cgi/193

abril 2012

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

アーカイブ

アイテム

  • 三社祭:2日目(駒形町会)
  • 三社祭:1日目(駒形町会)
  • 神田祭:3日目(鎌倉町会)
  • 神田祭:2日目(鎌倉町会)
  • さくら
  • iPodをプレゼント
  • ランチ経済学
  • QUA 'AINA