bastante > diary > family >

家族

|

ときどきふと、不思議に思う。

夫婦ともに遅くまで仕事して、途中で奥さんをピックアップした会社からの帰りのタクシー午前2時。
最後の車両に飛び乗って、2つ先の青山一丁目で乗ってくる奥さんと帰った終電。
二人で帰った家には当然二人しかいなくて、気楽にやっていたことがつい昨日のことのように思える。

そこに今、小さいのがふたりいる。

家に帰るとドタドタ走ってきて、笑う。
並んで小さな椅子に座ってテレビを観ている。
好物のバナナを取り合ってケンカしたり、仲良く分け合ったりしている。

これは双子の親にしか分からないけど、一人の子供を育てるよりも何倍も大変で、負担も大きい。
ただ、幸せも2倍だっていうことは本当で、これが一人しかいなかったら寂しいだろうなって思う。
おれは日中仕事に出ているからその分楽をしていて、休むことなく面倒を見ている奥さんは本当に大変で、時々は嫌になってしまうこともある。人間対人間なんだから仕方ない。

だから、なるべく早く帰ってきて、大変なことは半分こ、楽しいことも半分こにしてあげたい。

仕事はおれがいなくなっても何とかなる。たぶん。
でも、この子や奥さんはおれがいないとどうにもならない。

全力でケアして、全力で面倒を見てあげたいと、うちにいる3人を見るとそう思う。
こう思える夫に、父親に、人間になれてよかった。
みんな、いつもありがとう。

同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bastante.354.jp/mt-tb.cgi/204

abril 2012

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

アーカイブ

アイテム

  • 三社祭:2日目(駒形町会)
  • 三社祭:1日目(駒形町会)
  • 神田祭:3日目(鎌倉町会)
  • 神田祭:2日目(鎌倉町会)
  • さくら
  • iPodをプレゼント
  • ランチ経済学
  • QUA 'AINA