bastante >

janeiro 2009

広告とWEB

|

(2008年9月24日メモ)

■TOPページの役割
TOPページが広告的=雑誌における表紙。目次ではない。
広告は必要最小限までそぎ落とす。
 WEBのTOPページは色々入れてしまう。=目次になっている?
 
 ※表紙的役割のみのTOPページって?

 また、WEBは二次的メディアではないだろうか。
 (広告や検討、興味などのニーズがあって初めてアクセスする)
 目的があって接触する以上、その目的を解決することに
 主眼がおかれるべきである?
 
 →既に接触されている広告を繰り返すことの意味は・・・?
 
  →他メディアにない「広告的」な役割を担える可能性があるのではないか。

■チャネルとしての特性
WEBは偶然性のメディアではない。
 TVCMや新聞広告と違う。「使う」メディア。

■商品と消費者
WEBは消費者にとても近い。=カタログに近い。

使う人が限定される。
モバイルはもっと限定される。

行動経済学

|

ふとしたきっかけで知ることになって、最近集中的に何冊か読んだ。
クライアントと金銭の話もするし、予算の組み方の話もするので、それらには直接的に役立つ内容がたくさんあった。
また、日々の仕事でも活用できる示唆にも富んでいて、とても勉強になった。

学者が行ってきた実験(多くはちょっとした問題)がいくつか引用してあって、自分は見事なまでに引っかかる(多くの人と同じように間違う)のだが、そのことを知るだけで次から「この人はこう捉えるだろうから、こうする」という先回りができる。

ヒューリスティクスとバイアスを知れば、IAが行う分析についてバイアスを計算して判断ができるし、アンカリングやフレーミングを知れば議論のリードができる。
参照点依存性や保有効果、現状維持バイアスなどを実感として理解し、選好の形成がいかにして行われるかを把握すれば悪魔的に将来をコントロールできる。

題材として面白いのでただ読んでもいいけど、一つ一つ解釈しながら読むとさらに世界が広がると思う。

そんなに難しい内容(数式とか出てくるとダメだけど)ではないし、用意されている問題から入りやすいのでオススメ。
・・・だけど、レビューにも多くあるように途中途中でちょっと訳が分かりにくいというか、外国語の言い回しっぽくて「ん?」って思うところもあった。

abril 2012

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

アーカイブ

アイテム