bastante > works >

緊張

|

昔はプレゼンの時など、何を喋っているのか分からなくなるくらい緊張した。
提案書に書いてあることを棒読みしていたこともあった。

ただ、緊張は準備不足だったり、自信が無かったり、少しでも理解できていなかったりしたときに、途端にやってくるものだってことに結構早く気がついた。

自分を高く見せようとするから固くなるし、持っている力を普段通り出せばいいと割り切れば柔らかくなっていくと思うけど、何より準備が万全であれば、それをどう伝えるかということだけで、緊張が入り込む余地は無くなっていく。

無理に隠そうとせず、自分の気持ちをさらけ出して本気でぶつかる気持ちを持てば、それは相手にしっかり伝わると思う。(大前提として、そのための準備が必要だけれど。準備もしないで上手くいくなんてありえない)


そして、緊張は決して悪いものではない。
勘三郎曰く、「緊張するって格好いい」。それくらいの気持ちで臨めばいいと思う。

同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bastante.354.jp/mt-tb.cgi/225

abril 2012

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

アーカイブ

アイテム

  • 三社祭:2日目(駒形町会)
  • 三社祭:1日目(駒形町会)
  • 神田祭:3日目(鎌倉町会)
  • 神田祭:2日目(鎌倉町会)
  • さくら
  • iPodをプレゼント
  • ランチ経済学
  • QUA 'AINA