bastante > diary >

ランチ経済学

|

本日のランチは神谷町の鉄板焼き「銀ぜん」。クライアントが近くにあるので、1ヶ月に1回か2回くらい来ています。 090318.jpg

以前はA5ランクの和牛を使ったハンバーグとかステーキがあって、感動的なものだったんですが、最近どうやらランクを落としたようで、ちょっと残念。

ちゃんと値段も下がってはいるんだけど(ハンバーグ1300円、ステーキ1500円)、どうせこの値段するんだったら価格を下げないかちょっと上げてもいいから、肉のランクは落として欲しくなかった。

ちょっと行くモチベーションに欠けてしまったかな・・・。

ちなみに、行動経済学的に考えると、ランチを500円で済ますか1000円出すかでは悩むけれど、1000円と1500円であれば、同じ500円でも価値が違ってくる(エラーを起こす/バイアスが掛かる)ので、もし「ちょっとでも値段を下げた方が・・・」と思って1500円から1300円にしたのであれば、それは選択としてミスを犯したかもしれない。

むしろ、高くても他では得られない経験を提供した方が、お店にとってみればメリットがあると思うんだけど、それは浅はかなんだろうか・・・。

同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bastante.354.jp/mt-tb.cgi/235

abril 2012

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

アーカイブ

アイテム

  • 三社祭:2日目(駒形町会)
  • 三社祭:1日目(駒形町会)
  • 神田祭:3日目(鎌倉町会)
  • 神田祭:2日目(鎌倉町会)
  • さくら
  • iPodをプレゼント
  • ランチ経済学
  • QUA 'AINA