bastante > works > web >

Webとデザイン

|

本当にこう言ったのかは分からないけど、Googleで検索製品および利便性向上担当バイスプレジデントを務めるMarissa Mayer氏の2008年の講演での言葉。

グーグルのビジュアルデザイン責任者が退職--データ中心主義に嫌気
「一般にウェブでは、(サイトの制作は)芸術よりも設計の要素がはるかに大きい。(中略)差が小さい場合でも正しいものを数学的に選択できる」

「芸術」と訳されているし、「設計」と言っている中におそらく"デザイン"が含まれていると思うのだけれども。
Web制作において、これ以上「設計>デザイン」となってしまうのは危険だと思う。

データ主義に傾きがちであることは現在のWebを取り巻く状況としては仕方ないのかもしれませんが、かと言ってデザインが全く疎かになってエンドユーザーがHappyになるかというと、絶対にそんなことはないと思う。

では、Webにおけるデザインはどうあるべきで、何を語らなければならないのか。
グラフィック、映像、立体、どれとも違うしその範疇の中での考えしか浮かばないのであれば、メディアが持つ特性(企業にとっての利用価値)上、「データ」には勝てない。

勝ち負けではないけれども、優先度はそこで決定されてしまうのだと思う。

これ以上のことは、来週31日にうちのチーム内で課題に出してあるプレゼン大会のテーマ「今コンセントに必要なのはデザイン力?マーケ力?」ということの自分なりの答えになってしまうのでまだ出せなく、もうしばらくしたら公開します。

同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bastante.354.jp/mt-tb.cgi/240

abril 2012

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

アーカイブ

アイテム

  • 三社祭:2日目(駒形町会)
  • 三社祭:1日目(駒形町会)
  • 神田祭:3日目(鎌倉町会)
  • 神田祭:2日目(鎌倉町会)
  • さくら
  • iPodをプレゼント
  • ランチ経済学
  • QUA 'AINA