bastante > works > direction >

ディレクター論:プロデューサーあるいはプロジェクト責任者

|

プロジェクトの責任者としてメンバーの頭に立つ人間は、なるべく茫洋な風格である方が良く、進んでそのように振舞うべきだと考えています。
つまり、「何があっても動じない」とか、「拍子抜けするくらいあっけらかんとしている」といった人物像です。

これにはまず、部下となるメンバーに大いなる安心感を与えるという効果、さらには知恵があり、論も立つ人物たちが激論を交わすとき、シオを見てそれらをまとめるのはこのタイプにしかできない、ということがあります。
(この場合、同じような論客では余計に議論が紛糾するだけでおそらく務まりません)

当然、いわゆる「でくのぼう」ではダメで、様々な経験を持ち、それまでに死ぬほど頭を使ってきた人である必要がありますが、最大の資格は、最も有能な部下を抜擢してそれに仕事を自由にやらせ、最後の責任だけは自分が取る、ということができることが挙げられます。

その覚悟が客観的な判断を可能にしますし(当事者すぎると熱くなって冷静な判断ができない恐れがあります)、「やるだけの準備を整えた以上、ばたばたしても仕方ない」という心境に達することができるようになります。

プロジェクトがうまくいくように作戦を立てたり、現場を指揮するのは他のメンバーの仕事になりますが、それを達成するために必要な準備(予算・リソース・スケジュールなど)を整えるのはこの責任者であり、実はその準備がうまくいくかどうかでプロジェクトの成否のほとんどは決まります。

準備を整えるためにあらゆる苦労をするのですが、それがしっかりできた後に行われる作業というのは、単にその準備の結果にしか過ぎないと言ってもいいと思います。

また、この責任者になる場合は、自分がこれまで経験してきたことには善悪があり、自らの経験に沿って全ての物事を独善的に判断すると大変な失敗のリスクがあること、戦略には素人・玄人の区別はなく、例え経験が少ない者の立案でも採用を恐れてはいけないことを認識する必要があります。

同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bastante.354.jp/mt-tb.cgi/255

abril 2012

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

アーカイブ

アイテム

  • 三社祭:2日目(駒形町会)
  • 三社祭:1日目(駒形町会)
  • 神田祭:3日目(鎌倉町会)
  • 神田祭:2日目(鎌倉町会)
  • さくら
  • iPodをプレゼント
  • ランチ経済学
  • QUA 'AINA