bastante > 祭

お祭まとめ

|

サボっていた分、一気にまとめます。(もうあんまり覚えてない。。。)

8月1日
亀森稲荷神社例大祭(北砂町)

亀森稲荷神社例大祭

たまたま飲み屋で、地元町会の睦会の人と会い、「おいでよ!」と誘われるままお邪魔した、ものすごく久しぶりな神輿会以外の担ぎ。(ちゃんと神輿会の会長には断り入れておきました)
普段一緒にやっている人たちとは違うので、やはり最初は勝手が違っていたものの、そこは神輿を愛する仲間同士。ものすごく歓迎してもらって、一緒に楽しくやらせてもらえました。
神輿自体はものすごくシンプル。だけど屋根が高いせいか結構重かった。
この日はものすごーく暑かったけど、深川でないのに水掛けで楽しめました。砂町銀座とか、一度も行ったことがない地域をぐるぐる回る中、途中で「やばい!明日セミナーだった!」と思い出し、そこからは声をあまり出さないように・・・。気づかなかったら確実に喉が潰れてましたw

6月13日
山王日枝神社例大祭(山王祭)

山王日枝神社例大祭

一気に遡って山王祭。
この日は京橋からスタートして、写真の日本橋までを連合渡御。もう少し盛り上がるかな、と思ったんだけど、まあこんなもんか。
山王の神輿は軽くて、みんな遊んじゃうのが玉に瑕。
京橋あたりもアサヒビールが無くなったり再開発が進んでいて、来年はどんな街になるのやら楽しみでもあります。
しかし氏子がほとんどいなくなっても祭も神輿も存続しているのは素晴らしいな、と思う。

6月6日
白髭神社大祭(辰巳町会)

白髭神社大祭

この辺りは町会が入り組んでいて、どこの祭だったか分からなくなるもののうちの一つ。来年の自分のために言っておくと京成曳舟だからね。
建設中から観光名所化しているスカイツリーの膝元ということで、至る所からタワーが見えます。来年はもっと伸びていて、どんな景色になるのやら。

スカイツリー
2010年6月6日はこんな感じでした。ちなみに今住んでいる家からも見えるし、実家の屋上からは正面にばっちり見えます。

5月30日
花園神社例大祭(新宿園町会)

花園神社本社神輿
花園神社雷電神輿

新宿ゴールデン街そば、花園神社の神輿。今年は本祭ということで、本社神輿(1枚目)と雷電神輿(2枚目)が出ました。
両方ともバカでかくて、ひたすら重い。最初から勢いよくやっていると確実にバテるので、様子を見ながらやるのだけど、途中から誰も入らなくなって抜けられなくなるツワモノです。

5月15日
三社祭(駒形町会)

三社祭

三社は楽しい。やっぱり楽しい。実は去年の本社神輿の記憶が無くて、今年から復活だと思ってた。ちゃんと去年担いでましたね。
神輿会のみんな曰く、「三社の本社だけ、人が変わる」ということで、自分自身はそんなことないよーと思っているんですが・・・
やっぱりヒートアップしますねw

ということで今年もまだたくさん神輿があります。シーズンになると「1ヶ月の土日全部神輿!」となるので、家族には悪いなあと思いつつ、これこそまさに生きがいに近いものなので、ご容赦願うとして・・・。

8月の地元の祭から1ヶ月。色々と用事とぶつかって9月はこの日だけなのです。

午前、飛木稲荷神社。朝7時半の集合にまんまと寝坊して、一人で現地に行く羽目に。ところが押上のあたり、道が入り組んでいてどのあたりだか全く見当がつかない・・・。
調べているうちに時間がなくなって、どうにかなるだろうとタクシーに飛び乗り、押上駅を越えてしばらく行ったあたりで「とりあえず曲がってみてください」と。

そうすると僥倖ってあるもんで、知り合いの神輿会の人が朝からコップ酒飲んでいるところに出くわす。おかげで辿りつけました。

しかしこのあたりは神輿担いでいても、どのあたりを回っているのか皆目分からない・・・。一人で来たら絶対に迷子になります。

そして午後からは移動して両国へ。牛嶋は陰だけど、今日は相撲の初日ということで国技館に行くことに。周りの町会の人も集まっていて、とても楽しく担げました。
・・・が、これでもかと接待(休憩+飲み物と軽い食べ物)を受けて、10分担いで15分休むのを繰り返すのにはちょっとリズムが狂わされました。まあ、仕方ないしありがたいことなんだけどね・・・。

灰の月曜日

|

ブラジルにはカーニバルが終わった後の、「灰の水曜日」という言葉があります。
ちなみにまさにその通りで、街は閑散としていたりします。
(まあ、カーニバル期間中どの店も休みだったりするためかもしれないけど)

私の地元、いや祭をしているどの地域にも、同じように「灰の月曜日」があると思います。
あれだけ楽しかった祭が終わって、一晩寝て(酔い潰れて)起きたら「あ、ホントに終わったんだ・・・」と寂寥感の渦に飲み込まれます。

神輿を置く神酒所も撤去され始めるし、町中にあった祭礼の提灯や飾りもいつの間にか無くなるし。
殊に、ウチの地元の祭は3年に1回なので、それが普通の祭に比べて3倍なのです。
「9月になったらまた毎週祭でしょ!」とはよく言われるのですが、それとこれは違うのです。うーん。

今日も晴れたよ!

朝6時にぱっちり目が覚めて、「こういうときだけ早起きなのね」とカミさんに言われながら子供とカミさんを叩き起こして出発。8時からの連合渡御に今日も参加。

途中子供を母親に連れてきてもらって(1日中担ぐから実家に預けるしかないのです)写真を撮ったりしながら思う存分担ぐ。今年は連合の順番が最後なので、休憩があっという間だったりして忙しい印象。
17時過ぎに終わるまで、やっぱりあっという間だった気がする。

祭は始まる前までが楽しくて、始まってしまうと終わりが必然的に迫るから、少し寂しさの中やるんだけど、一体感の中の高揚というのは何にも代え難い経験なんです。ある種集団的な洗脳状態というか、カタルシスと言っていいと思う。

30代になって、高校生とか大学生のときのように、ずーっと神輿を担いでいる(本当に離れない)というものではなくなったけど、この快楽性はずっと変わらない。
自分が仕事とは違う意味で頼りにされるとか、それにある程度応えられるとか、素の自分でいられるとか、やっぱりこれで心のバランスを取っているんだなあ、とつくづく思った。

ところでこの3年の間に、亡くなった近所の知り合いの方とかも多くて、その人たちの遺影が掲げられるたび泣けて仕方がなかった。その人たちの分も、これから担いでいきたいと思うし、自分もそうして欲しいと思う。

まず、「晴れた!」というのが第一声。
ここ数回、前回は雷雨、前々回も確か雨、と天気に恵まれなかった地元の祭、本当に久しぶりに晴天でできるということが嬉しかった。
水掛けなので、雨が降っていたりすると寒くて死にそうになるんです。。。

土曜日は実家がある高森町会で。裏切って他の町会を担いだらぶっ飛ばされる。
今回から子供がいるので、以前のように好きなだけ自由に担ぐ、ということはできないなーと思っていたけど、家族の協力あって思う存分できた。

午前中は朝一8時から宮神輿。台座四尺四方の神輿はちょっとだけ上がっても全然刻めない・・・。
周りが神輿会の人ばっかりだったらまた違うんだろうけど。毎回、「こんなに重かったっけ?」と思うのでした。

その後子供を連れて初めての山車。自分が小さい頃、山車に乗っているいい写真があったので、子供もぜひ、と思ったものの、予想通りというか全く反対に陣取る双子ちゃん。カミさんはあまり良い写真が撮れなかったと嘆いていた。

10時から町内巡行。14時からも町内巡行。あっという間だった気がするけど、暑い中水を掛けられて、神輿会の方で積み重ねてきた成果(?)も発揮できて、今年の祭はとても良い印象になりました。

明日は12カ町の勢揃い。連合渡御としては富岡に比べると規模が小さいけど、実はこっちの方が楽しいのです。

ついにやってきた3年に1回の地元の祭。

今年は今住んでいる森下3丁目の町会が、初めて宵宮をやるということで、大家さんに頼んで半纏を調達。
金曜日、「今夜は神輿があるのでサヨナラ」と言い残して会社を抜け出し、久しぶりに森三の大きな神輿を担いだ。

「大きな」と言っているけど本当に大きくて(三尺三寸)、こんなに大きな町会神輿は他では見たことがない。つまり、担ぐのが大変。しかも金曜の宵宮なんて人がいなくてさらに大変。

肩慣らし程度に考えていたものの、結局フルで担ぐ羽目に。
でもとても楽しかったー!

三社祭:2日目(駒形町会)

|

宮出しは行かないから、三社の朝は意外にゆっくりで、10時集合。ちなみに深川は5時w

三社に雨はつきもので、必ずと言っていい程降るんだけど、10時過ぎになると止んでいて、1日なんとか天気は持ちました。
午前中は町会神輿。ここでまた一生懸命担いでしまって、「疲れたー、本社もういいや~」と言っていたのだけれど。

いざ本社が来ると、なんでだろうね、やっぱりテンション上がってしまうのでした。多分、1年で最も荒くなる瞬間。会社の人には見せられません。

本社渡御の様子、携帯で撮った動画で画質最悪で申し訳ないですが、一応UPしておきました。


来年も出るのかな?2年に1回が恒例にならなければいいんだけど。

ところでせっかく防水ケータイにして神輿対策ばっちりだと思ったのに、自分はひたすら担いでいるから、写真撮るタイミングがほとんど無いのね。。。盲点。

三社祭:1日目(駒形町会)

|

今年もやってきました三社祭。
三社祭には出ないといけない、だけどカミさんが地元で結婚式で帰らないといけない=双子を新幹線に乗せる=おれも一緒に行かないといけない、というわけで木曜夜にカミさんの実家に帰郷、金曜夜に一人で帰京、翌朝三社という休みなしのスケジュールで臨む。

土曜は連合渡御。例年は浅草寺の裏手、観音裏に東西南3部44カ町が揃うんだけど、今年は浅草寺本堂工事と浅草神社社殿新築工事のためそんなスペースが無く(浅草寺は工事の幕に覆われて外からは全く見えません。。)、例年とは違う形での渡御で、ギャラリーも全然いなくてあまり面白くなかった・・・という声も。

それでも、駒形の神輿は扱いやすいこともあって、これでもかというくらい担ぎました。
明日は2年ぶりの本社。今年は一之宮。楽しみ。

ちなみに、三社祭のオフィシャルにこんなページが。各町の神輿が見られます。
http://www.sanjasama.jp/zukan.html

神田祭:3日目(鎌倉町会)

|

そして日曜日は神田明神に宮入。
前々回とかは「遠い~」と思ったのだけど、今年は全然そう思わなかった。
今回、名前入りの半纏を作ってもらったので、女性にならずに宮入できたw

※神田の宮入は女性は担げなく、名前入りの半纏でないと前棒は担がせてもらえないんです。そのため、例年女性の半纏を借りて、「○子」とかになってたんです。

道中長いと言っても富岡八幡ほどではなくて、むしろちょうど良いくらい。
しかし、浜町とか、神田明神の氏子ながら遠すぎて宮入できない町会はちょっと残念だろうなあ、といつも思うのでした。
あのあたりの町会はその代わりに連合で明治座に集まるらしいけど、宮入のテンションに比べるとどうしても・・・という感じだと思う。

さあ、来週は三社。

神田祭:2日目(鎌倉町会)

|

いよいよ今年も神輿シーズン到来。例年はもうちょっと早く担ぎ出すんだけど、今年は神田からスタート。
金曜日も宵宮をやっているので、土曜日は2日目になる訳だけれど、久しぶりに担いだら全身筋肉痛、おまけに足がつる始末。

神田はいいなあ。神輿に関しては三社より楽しい。
神輿会が多いせいもあるかもしれないけど、とっても担ぎやすい。

なお、自分のために備忘録として書いておきます。鎌倉町会は小川町から!
今年何を思ったか岩本町で降りてしまい、さまよい歩いたので・・・。

Old Topics

abril 2012

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

アーカイブ

アイテム

  • 三社祭:2日目(駒形町会)
  • 三社祭:1日目(駒形町会)
  • 神田祭:3日目(鎌倉町会)
  • 神田祭:2日目(鎌倉町会)